メタトレーダー4入門

MT5対応FX業者ごとのダウンロード方法・手順を分かりやすく解説

投稿日:

FXの取引ツールの定番と言えば「MT4」です。

しかしMT4の開発はすでに完了しており、現在は後発プラットフォームの「MT5」が次々とパワーアップしています。

「MT5を使ってみたい!」
「けれどどこでダウンロードできるのか分からない…」

といった声を耳にすることも多いのが現状です。

そこで今回は、MT5をダウンロードする方法についてまとめました。

この記事を読めば、MT5対応のFX業者が分かり、さらにスムーズなダウンロードが可能になるので、これからMT5を使おうと考えているトレーダーはぜひ参考にしてみてくださいね。

開発元のMeta quotes社公式サイトからダウンロードする方法

各FX業者がMT5を提供していますが、実は開発元であるMeta quotes社の公式サイトからダウンロードすることができます。

Googleで「MT5 ダウンロード」と検索すると、トップに出てくるので分かりやすいですね。
参照:MT5 ダウンロード - Google 検索


 
公式サイトにアクセスするとMT5の紹介ページが開かれます。

あとは「PC版Meta Trader 5をダウンロードして、デモ口座を開設しましょう」というボタンをクリック。

 
すると「mt5setup.exe」というファイルがダウンロードされました。

ダブルクリックするとセットアップウィンドウが開き、エンドユーザーライセンス同意書が表示されるので「次へ」をクリック。

 
インストールが始まりました。

 
インストール完了。

 
しばらく待つとMT5が自動的に立ち上がります。

 
自動的に「デモ口座の申請」というウィンドウが開かれるので、MT5の使い心地をチェックしたい人はクリックし「次へ」
を選択しましょう。

 
口座開設画面に移行したら「デモ口座を開いてリスクなしのバーチャルマネーで取引する」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

 

  • 名前
  • メールアドレス
  • 電話番号

上記3項目を入力します。

なおメールアドレス以外は仮のものでも大丈夫です。

最後に「私は口座開設の利用規約とデータ保護ポリシーに同意します」にチェックを入れて「次へ」をクリック。

 
登録画面が表示されます。

 
「登録情報をクリップボードにコピーする」をクリックしましょう。

 
あとはメモ帳などのテキストツールを開き、ペーストすれば管理が楽になります。

 
「完了」をクリックすると、デモ口座でMT5の取引を体験できるようになりました。

 

MT5に対応する国内FX業者のダウンロード方法

MT5に対応している国内FX業者は次の2社です。

ここからは各社のMT5のダウンロード方法をチェックしていきましょう。

アヴァトレード ジャパンのMT5ダウンロード手順

ログインしてマイアカウント画面を開き「ダウンロード」をクリックします。

 
すると「ava5setup.exe」がダウンロードされるので、ダブルクリックしてインストールしましょう。

同意書が表示されるので「次へ」をクリック。

 
しばらく待つと自動的にMT5が起動します。

「Ava Trade Ltd.」を選択して「次へ」を選択。

 
「既存の取引口座と接続する」にチェックを入れて、ログインID、パスワードを入力。

サーバは「Ava-Real 〇〇」に切り替えましょう。

入力し終えたら「完了」をクリックします。

 
これでアヴァトレード ジャパンのMT5で取引できるようになりました。

 

オアンダジャパンのMT5ダウンロード手順

オアンダジャパンのマイページにログインしたら「MetaTrader5ダウンロード」をクリックします。

 
ライセンス規約同意画面が表示されるので「同意する」を押しましょう。

 
ダウンロードページに移動するので「こちらをクリック」を選択します。

 
「oanda5setup.exe」がダウンロードされるので、ダブルクリックしてインストールします。

同意書が表示されるので「次へ」をクリックしましょう。

 
自動的にMT5が起動し、証券会社を選択する画面が表示されるので「OANDA Corporation」を選択し「次へ」をクリック。

 
「既存の取引口座と接続する」にチェックを入れて、ログインID、パスワードを入力し、サーバは「OANDA-Japan MT5 Live」に切り替えます。

入力し終えたら「完了」をクリック。

 
これでオアンダジャパンのMT5で取引できるようになりました。


 

MT5に対応する海外FX業者のダウンロード方法

MT5に対応している海外FX業者は複数ありますが、代表的なのは次の2社です。

ここからはそれぞれのFX業者のMT5のダウンロード方法をチェックしていきましょう。

XMのMT5ダウンロード手順

XMのトップページから「プラットフォーム」→「PC対応MT5」を選択します。

 
ページが切り替わったら「ダウンロード」をクリック。

 
すると「xmtrading5setup.exe」がダウンロードされます。

ダブルクリックしてインストーラーを起動しましょう。

同意書が表示されるので「次へ」をクリックします。

 
インストールが終わるとMT5が起動するので「Tradexfin Limited」を選択して「次へ」を選択。

 
「既存の取引口座と接続する」にチェックを入れて、ログインID、パスワードを入力。

「完了」をクリックしたら取引ができる状態になります。

 

TITANFXのMT5ダウンロード手順

TITANFXのトップページから「テクノロジー」→「MT5」を選択します。

 
ページが切り替わったら下にスクロールして「Download」をクリックしましょう。

 
タブが開いたら「デスクトップ」をクリック。

 
「ダウンロード」ボタンが表示されるので選択します。

 
すると「titanfx5setup.exe」がダウンロードされるので、ダブルクリックしてインストーラーを起動。

同意書が表示されるので「次へ」をクリックします。

 
インストールが終わるとMT5が起動するので「Titan FX Limited」を選択して「次へ」を選択。

 
「既存の取引口座と接続する」にチェックを入れて、ログインID、パスワードを入力し、サーバは「TitanFX-MT5-01」を選びましょう。

「完了」をクリックしたら無事にログイン完了です。


 

まとめ

今回はMT5のダウンロード方法、各FX業者のダウンロード手順などを紹介しました。

最後にもう一度内容を振り返ってみましょう。

  • MT5はMeta quotes社の公式サイトから入手することができる
  • MT5に対応しているFX業者からダウンロードすることも可能
  • ダウンロード、インストール後はログインIDとパスワードを入力すれば取引ができるようになる

以上3点が今回のポイントになります。

「MT5を使ってみたい」
「どの業者が対応していて、どうやってダウンロードするのか知りたい」

といった人は、ぜひこの記事を参考にして、MT5を入手して快適なFXトレードにチャレンジしてみてくださいね。

-メタトレーダー4入門

Copyright© メタトレーダーnavi , 2021 All Rights Reserved.