メタトレーダー4入門

MT4の売買注文の基本

投稿日:

メタトレーダー4の売買注文はチャート上からや通貨ペアリストの中からなど、簡単に行えます。デモトレード口座を利用して架空のマネーによる取引をしてみましょう。
基本的な発注は以下の3パターンから行います。
 
 
①取引画面上部の新規注文アイコンをクリックします。

 
 
 
②通貨ペアから右クリック「新規注文」を選択。

 
 
 
③チャート上で右クリックから「注文発注」、「新規注文」を選択。

 
 
 
上記の3パターンのどれからでも注文の発注ウィンドウが表示されますので、取引する「通貨ペア」、「数量」、「注文種別」を決めていきます。まずは「注文種別」カウントダウン(成行)の取引をしてみましょう。

 
 
 
左側の数字が買い(Bid)、右側の数字が売り(Ask)の値段になります。「Sell by Market」と表示された赤いボタンで売り、「Buy
by Market」と表示された青いボタンで買いを選択できます。試しに赤い「Sell by Market」ボタンで売りから入ってみましょう。

 
 
 
ボタンを押すと、画面が切り替わり「完了しました」と表示されます。これで売買が成立し、現在ポジションを持っている状態です。

 
 
 
チャート上に取引した時点のラインが引かれ、現在のレートとの比較が出来ます。

 
 
 
次に決済をしてみましょう。ターミナルウィンドウの取引タグを開きます。

 
 
 
こちらのターミナルウィンドウでは現在取引中のポジションの詳細が表示されています。目的のポジションの上にカーソルをもって行き、右クリックから決済注文を選択します。

 
 
 
すると先ほどの注文の発注画面と同様のウィンドウが表示されますが、売り・買いボタンの下に「Close #注文番号」のボタンが追加されています。こちらをクリックします。

 
 
 
すると決済が完了しましたという文字が表示され、これで取引は終了です。

 
 

指値・逆指値を使った注文方法

それでは次に指値を使った注文です。もう一度注文の発注ウィンドウを開き、「注文種別」の項目をマウスでクリック、「指値又は逆指値」を選択します。

 
 
 そして、指値の種類を選びましょう。英語表記となっていますが、 
Buy Limit(指値買い) 
Sell Limit(指値売り) 
Buy Stop(逆指値買い) 
Sell Stop(逆指値売り) 
となります。今回はBuy Limit(指値買い)を選択してみます。

 
 
 
最後に価格を決めます。今回は練習なので適当に決め、送信ボタンをクリックします。

 
 
 
注文処理が完了した旨のメッセージが表示されたら指値注文は成功です。

 
 
 
チャート上にも指値のラインが表示されます。

 
 
 
ターミナルウィンドウの取引タブからは指値の確認と変更または取り消しの操作を行えます。

 
 
 
以上がメタトレーダー4の成行と指値を使った基本的な取引方法です。メタトレーダー4以外のツールでFX取引等を行った経験がある方なら、簡単に使えると思います。

-メタトレーダー4入門

Copyright© メタトレーダーnavi , 2018 All Rights Reserved.