メタトレーダー4入門

MT4のチャートを使用する

投稿日:

メタトレーダー4の最大の魅力の一つ、チャート機能を実際に使ってみましょう。
こちらが初期のチャート画面です。

 
 
 
まずは最初の画面から一度チャートを全て閉じてしまいます。チャート右上の×ボタンで閉じましょう。

 
 
 

画面上にチャートがなくなったら、画面左上のアイコンから新規チャートを開きます。まずはUSDJPYのチャートを開いてみましょう。

 
 
 

シンプルなバーチャートが表示されます。

 
 
 

このままだと少し見づらいのでウィンドウの形をかえ、表示サイズも大きくしてみます。画面上部真ん中辺りの虫眼鏡アイコンで大小の調節が行えます。

 
 
 

大きさを少し拡大したら、次にチャートを一般的なローソク足にしてみましょう。表示中のチャートを一回マウスでクリックし、アクティブ状態にしてから画面上部の「チャート」をクリック、「ローソク足」を選択します。

 
 
 

ローソク足に変わったら、このままでは少し味気ない感じなので色の設定を変更してみます。再びアクティブ状態にしてから画面上部の「チャート」をクリック、一番下の「プロパティ」を選択します。

 
 
 

背景色などお好みの色に変更し、OKを押して完了です。失敗したらResetで元に戻せます。

 
 
 

次に時間足の設定を行います。画面上部のM1からMNと書かれたアイコンから変更出来ます。M1からM30は1分足から30分足、H1とH4は1時間足と4時間足、そして日足、週足、月足、となります。

 
 
 

最後にこれまで設定したチャートを保存します。チャートをアクティブ状態にし、画面上部のアイコンから定型として保存を選びます。

 
 
 

保存画面が出ますので、任意の名前を付けて保存します。今回は「チャート1」としてみました。

 
 
 

これでチャート保存が完了です。次回以降新しいチャートを開いた際には簡単に同じ設定にすることが出来ます。新しいチャートを開き、再び画面上部のアイコンから先ほど保存した「チャート1」を選択します。

 
 
 

チャートの設定がすぐに反映されます。

 
 
 

先ほどはチャートの保存名を「チャート1」としましたが、「default」という名前で保存すると、次以降新規チャートを開いたときに自動で反映されるため便利です。

-メタトレーダー4入門

Copyright© メタトレーダーnavi , 2018 All Rights Reserved.